grins-logo

自転車TIPS

モチベーション下がってる方必見。ロードバイクの志気を上げる4つの方法

2015年09月3日 投稿者:いね

ロードバイクに乗ってると、調子の良いときもあれば悪い時もあります。トレーニングしてるにも関わらず、タイムが伸びない期間が続くと、「これが俺の限界なのか・・・」と自分の人間性能に対して疑心暗鬼になってしまうことも。それに合わせてモチベーションも下がりがちになってしまいますよね。今回はそういった状況を打開する4つの方法をご紹介。

1. STRAVAをはじめよう!

strava_logo

自転車アプリです。最近は日本語化もされて、知名度も大分上がってきたみたいですね。速度、距離、ルートなどを記録できるサイクルコンピュータ的な機能の他にモチベーション維持にとっても効果的な機能が2つあるんです。

1-1 シェア機能

フレンドの走行ログを自分のタイムライン表示することができるんです。人間は単純な生き物です。しばらく自転車から遠ざかっていても、友達が走ってるのをみると、脚がうずうずしてくるものですよ。俺の剛脚がうなるぜええええええ、ってね。

1-2 コースランキング機能

他ユーザーが作成したコースを走ると、自動的にタイムをもとにランク付けしてくれる機能です。例えば盛岡周辺ですと御所湖周辺とか岩山とか岩手山近辺にたくさんコースが作成されてます。主にヒルクライムが中心です。例え知らない人でも競争相手がいるというのは志気を維持するうえで、とっても重要なことです。

2. 新しいパーツをインストールしよう!

パーツ俯瞰図フラット

モチベーションに劇的に効果あるのは直接走りに影響を与えるホイールでしょうか。ただし、投資金額もそれなりになるので、頻繁に変えるということはできませんが、長期的にモチベーションをアップさせたいという方にはおすすめです。費用対効果を考慮しておすすめなのは、タイヤです。タイヤ一本で乗り心地はかなり変わるものです。快適性に特化したものや、転がり抵抗を突き詰めたもの様々なタイヤがあります。今まで舗装路しか走った事ない人はこういうタイヤを履いてダートや砂利道などのちょっとしたオフロードを走るのも面白いと思いますよ。23cと26cという細めのラインナップからありますので、大抵のロードバイクでもはけます。今の自転車の乗り心地にマンネリを覚えはじめた方はタイヤを変えて心機一転してみて下さい。
もう一つ、色味を変えるのもモチベーションアップに有効です。バーテープやグリップ、アウターワイヤー、それからスペーサーなどはカラーも豊富で、自転車に簡単にアクセントを加えることができます。投資金額も少なくて済みますし、おすすめです。

3. 自転車漫画を読もう!

ここでは、自転車漫画の中でも鉄板とも言うべき2冊をご紹介します。

弱虫ペダル

弱虫ペダル1巻

今一番勢いのある自転車漫画です。一度見たら、少年漫画らしい熱い展開に目が離せなくなるはず。背中から羽根が生えたり、人間業とは思えない体勢で自転車を漕いだりと、ハチャメチャなところも面白いです。自転車に乗りたくなる率100%。おすすめの一冊です。

のりりん

のりりん1巻
自転車の教科書的な漫画。弱虫ペダルとは反対にかなり落ち着いた雰囲気の大人向けの漫画。至る所に、「ふむふむ」、「なるほど」と思わせるうんちくがちりばめられています。モチベーションに速攻作用するという感じではなく、じわりじわりと後から効いていくる。少年漫画にありがちな熱い展開と派手な描写が苦手な方におすすめです。

4. 自転車レースを見よう!

ツールドフランスを見よう

フルームの総合優勝が記憶に新しい2015年のツールドフランス。フルームは今年もジャパンカップにも来てくれるそうですね。
自転車レースというとなかな敷居が高いイメージがあります。私も知人からツールドフランスのDVDを借りて見るまではそうでした。実際みてみると、予想以上におもしろいんですね。ルールがわからなくても面白い。ていうか解説の方がルールを説明してくるので、視聴しながら覚えることができます。そしてなによりもモチベーションが天井知らずに上がります。深夜2時、ツールドフランスを見て、モチベーションが限界突破してしまい、御所湖一周しに行ったのはいい思い出です。

 


Copyright © GRINS. All Rights Reserved.

GRINSをフォローする。