grins-logo

商品紹介

BROOKSのB17シリーズを比較してみました

2015年08月14日 投稿者:いね

/

BROOKSのサドルは様々なラインナップがあるので、初めて買おうと思っている方は結構混乱される方も多いようです。今回は主力シリーズのB17をピックアップしてその違いをリスト化してみした。興味のある方は参考にしてみてください。

B17 シリーズ簡易比較

画像にタッチ(もしくはマウスオーバー)するとコメントが表示されます。また、4段目の「馴染み」は■が多ければ馴染ませるまでに時間がかかる事を意味してます。●はカラー展開です。

  • 世界中で愛用されている定番モデル。普通のサドルに比べると横幅が長い。耐久性、馴染み、値段とバランスがとれている。
    520g
    横幅:175mm
    寿命:■■□
    馴染み:■■□
    ¥14600+tax
  • レールは銅メッキ加工。鋲は銅を使用し、耐久性が高めらている。それがデザイン上のアクセントになっている。レインカバー付属
    540g
    横幅:175mm
    寿命:■■■
    馴染み:■■□
    ¥20000+tax
  • レールがチタン製で、100g以上軽くなってる。その分価格もプレミアム。スペシャル同様、銅鋲を使用し、高寿命を実現。
    410g
    横幅:175mm
    寿命:■■■
    馴染み:■■□
    ¥36.000+tax
  • 硬めの革を使用。馴染むまでは時間はかかるが、その分、比類無い寿命の長さが特徴のサドル。銅鋲使用。色はナチュラル仕上げ
    540g
    横幅:175mm
    寿命:■■■
    馴染み:■■■
    ¥22.000+tax
  • 穴あき加工により、局部への圧迫を低減。穴を開けたことで、革が変形しやすく、馴染みが出やすくなっている。型崩れ防止レース付。
    520g
    横幅:175mm
    寿命:■■□
    馴染み:■□□
    ¥16000+tax
  • 柔らかく加工されてるので、初日から快適。その分、寿命は少し犠牲になってます。ユーズド加工の質感がたまらない逸品です。
    530g
    横幅:175mm
    寿命:■□□
    馴染み:■□□
    ¥14.000+tax
  • 細身モデルでロード向け。ペダリングの自由度が上がります。フォルムを絞ったことで、たわみが少なくなり型崩れしにくくなってます。
    530g
    横幅:151mm
    寿命:■■■
    馴染み:■■■
    ¥14.000+tax
  • B17 imperialの細身モデル。フォルムを絞ったことで、たわみが少なくなり型崩れしにくくなってます。型崩れ防止レース付。
    530g
    横幅:151mm
    寿命:■■□
    馴染み:■■□
    ¥16.000+tax

 

次は、売れ筋であるB17 StandardとB17 Specialについて掘り下げていきます。

B17  StandardとSpecialの違い

brooksサドルの一覧B17には、上でもご紹介したように多数のラインナップがあります。ここではその中でも特に人気の高いスタンダードとスペシャルの2種類を比較していきます。値段でいえば、スペシャルの方が5000円ほど高めに設定されています。その違いは何なのでしょうか?

1. 鉄鋲か?銅鋲か?


brooksサドル、スペシャルとスタンダード左がスペシャルの銅鋲。右がスタンダードの鉄鋲です。この「鉄」か「銅」かで製作工程は全然違うんです。通常のスタンダードの鉄鋲は、効率を重視して機械でプレスして鋲が打たれてますが、スペシャルタイプはなんと手打ち。それもこの鋲打ち工程に携われるのは、工場内でも2人のスペシャリストだけしかいないそうなんです。当然、手作業ですから時間もかかります。スタンダードと比べてスペシャルはなんと25倍もの時間をかけて作られいるそうです。25倍!。この数字に価値を感じるかは人それぞれですが、私の場合、この話を聞いてから銅鋲を見つめた途端、もの凄い高級品に見えてしまうという、超絶ミーハーっぷりを発揮したのでした。ちなみにサドルの寿命においても銅鋲の方が柔らかく革を痛めないため長く使えるんです。個人的には、ハンマー打痕がある銅鋲がなんとも味わい深くて大好きです。手作業の象徴の様な気もしますしね。

2. サイドカットとレールの素材

brooksサドル、スペシャルとスタンダード2
上がスペシャル。下がクラシック。スペシャルのサイド部分にカット加工が施されているのが分かると思います。当然これも2人しかいない職人さんによってカットされてるんですよ。特段カットされているからといって性能面で変化があるわけではないですが、いいアクセントになっています。
もう一つは、レールの違いです。スタンダードは黒スチールで、スペシャルはスチールに銅メッキ加工されてます。銅は酸化しますので、使っていくうちに良い感じに変色してきます。それがまたサドルの個性になるんですね。

brooksサドルの製作現場
BROOKS工場内風景。左側がカービングナイフでサイド部分をカットしている様子。

3. レインカバー

brooksレインカバー
レザーは水に弱く、基本的には雨天走行はNGです。型崩れしてしまいますからね。しかし、そうもいってられないシチュエーションは出てきます。そういう非常時はレインカバーを使用するのですが、スペシャルには標準で付属してきます。ありがたい心配りですね。ちなみに、純正のレインカバーは1000円ほどで購入することができますよ。

さいごに

以上、スペシャルとスタンダードの違いをいくつかピックアップしてみました。BROOKSサドルはB17以外にも色々なモデルがありますので、自分の理想に合ったものを見つけるのは大変だと思います。店頭に来ていただければアドバイスできますので、悩まれてる方はぜひご来店くださいね。また、現在トライレザーキャンペーン実施中ですので、購入のきっかけにしていただければと思います。

>- – BROOKS  90DAYS トライレザーキャンペーン – – <


Copyright © GRINS. All Rights Reserved.

GRINSをフォローする。