grins-logo

商品紹介

背中濡らしても尻濡らすな!とASS SAVER(アスセイバー)さんは言いたいみたいです

2015年07月9日 投稿者:いね

まず見て欲しいものがある。
asssaver-1これが何かお分かりになっただろうか?今度は別のアングルから見てみよう。

 

asssaver-2お気づきになった人もいるかもしれない。最後に俯瞰してみよう。

 

asssaver-2そう、これは「うちは」である。味わいぶかいさが随所に光る。これからの季節、花火に祭りに欠かすことのできない夏のマストアイテムだ。
ちなみにこのうちは、そこら辺の街頭で配れてるような量産品ではない。一から職人の手で作られた「うちは」である。値段はなんと6,500円。ひとたび仰ぐと、扇風機のような無機質な風とは違い、リッチで情緒豊かな風が頬を心地よくしくてれる・・・はずである。
この記事は「うちは」自慢をするためものではない。本題はここからだ。落ち着いて次のアイテムを見て欲しい。

 

asssaver-4どうやらうちはと同じくらいの薄さのようだ。持ち手がない分、こちらの方がスマートに見える。別のアングルから見てみよう。

 

asssaver-5厚みはほぼ一定のようで、握り拳くらいの幅のようだ。最後に俯瞰から見てみよう。

 

asssaver-5
ASS(お尻の)SAVERS(守護者)?サイズは3種類あるようだ。
名前からして、どうやらあおいで風を発生させるうちは的な使い方をするものではないらしい。右側のワイドタイプのものならうちは的な使い方もできなくはなさそうだ。涼をとるために「うちは」をあおいでるのに、汗は増えるばかり。その汗を緩和するためにさらにあおいでを汗をかくという負のスパイラルに陥る可能性があるのであまりおすすめはできません。

 

asssaver-6
裏をみてみると、親切にも使い方が書かれている。必ずといっていいほと電化製品の説明書をなくしてしまう私にとってこのうような心配りは大変ありがたいのである。
やはりうちはではないらしい。ふむふむ、自転車のサドルにとりつけるとお尻を泥から守ってくれるようだ。実際につけてみよう。

 

asssaver-7

asssaver俯瞰2
悪くない。実に悪くない。(良い、実に良いの意)
これなら私の容姿端麗なサーリーにとりつけてもスマートな外観をたもてそうだ。カラーが豊富というのも痒いところに手が届く。
asssaver-8
構造がシンプルな分、取り付けるのも簡単だ。当然、工具もいらない。慣れれば5秒である。下の動画ではうちのBOSSが華麗な泥よけ裁きを披露させて頂いてるので一度見ておかれたし。

 

もう一つこの泥よけには特筆すべき機能がある。

asssaver-9

一見泥よけを外した状態のように見えるが、よく目をこらして欲しい。
なんかお見えになってるのがわかるだろうか?下から見てみよう。

 

asssaver-10そう、なんと先ほどの泥よけはフォールディング機能を有しているのである!なんとも憎い奴である。
取り付ける5秒も無駄にしたくないタイムイズマネーなビシネスマン(あるいはそれに準ずるもの)やそもそも取り付けること自体面倒に感じる私にとっては泣きたくなるほどうれしい機能である。さあ、最後に体重測定といこう。

 

asssaver-11

潔いほどの一枚板であるため、当然重量も軽い。
15gなら、私のロードバイクに取り付けても誤差の範囲内。重量をいくらでも抑えたい私のようなストイックなライダーには大変ありがたい泥よけである。
天気が不安定な梅雨の季節にたいへんオススメのアイテムなのである。

補足

asssaver-13

とまぁいろいろご紹介しましたが、名前のとおり、お尻のどろをカットしてくれる簡易泥よけです。
たかがお尻、されどお尻。お尻にはねないだけでも不快感は激減されるので、見た目や重量気にして泥よけ付けてない方におすすめのアイテムなのでした。 因みにサイズは3種類。折りたためるのは、左の小さいサイズのもだけなのでご注意ください。右側のワイドタイプはMTB用になります。MTBの装着イメージはこちら。

IMG_20150708_154010

 

IMG_20150708_154047

MTB用は長さもあるので背中への泥もある程度期待できそうですね。


Copyright © GRINS. All Rights Reserved.

GRINSをフォローする。