grins-logo

商品紹介

フレームバッグ3種そろい踏み

2016年12月2日 投稿者:いね

/ / /

grins_frame_bag_2
バイクパッキングという追い風を受けて、フレームバッグを使用する人が急増中。とはいえまだまだ作っているメーカーは少ないです。今回は、フレームバッグの御三家ともいうべき「fairweather(フェアウェザー)」「Apidura(アピデュラ)」「Revelate Design(レベレイトデザイン)」。それらのフレームバッグがちょうどくお店に揃っていたので、比較というかそれぞれの特長をご紹介していきましょう。
なお、それぞれのメーカーでサイズ感が異なりますので、厳密な比較にはなっていません。参考程度にご覧くださいな。
※取り付けに使用しているマシンはALL CITYのNauture Boy(トップチューブ長53cm)。

レベレイトデザイン タングルバッグ M
¥15,700(税込)

grins_frame_bag_13
タフなフレームバッグをお探しならこちら。超厚手の生地は防水性能も高く、引き裂きにもめっぽう強い。さらに、メイン気室には携帯ポンプやテントポールを括れるストラップが付いていたり、内容物を確認しやすいように赤色の裏地を採用。細かいところまで良く考えられています。

grins_frame_bag_6さらに内部にはサブポケットが2ついていて、細かいものも収納しやすくなっています。
お値段はちょっと高めですが、それに見合う働きをしてくれること間違い無し!Made in USAで縫製も丁寧で、信頼できますしね。
フレームバッグ前方部分の高さが抑えられているので、ウォーターボトルも干渉しづらくなっています。他のサドルバッグと比べて、幅があるのも特長ですかね。
生地の丈夫さや防水性能などをみるにかなりハードな使い方をしてもOK。MTBと相性が良く、とにかく頑丈で防水能力が高いものが欲しいという方にまずオススメしたいフレームバッグです。

grins_frame_bag_10
長さ×高さ×幅: 50×11.5×7cm(Mサイズ)
容量:4L
重量:294g(実測)

アピデュラ フレームバッグ S
¥9,980(税込)

grins_frame_bag_14
ロードバイクにつけるフレームバッグを選べと言われれば迷わずこのバッグを選択するでしょう。一番の特長は「軽い」ということ。それでいて使い勝手や機能性は申し分ないのでロードバイクでバイクパッキングしたいというユーザーから多くの支持を集めています。
まず、第一印象はとにかく「軽い」。手に持った瞬間にはっきりわかるほど軽さです。こんな軽量で強度は大丈夫なのかな?余計な心配をしたくなるレベル。でもご安心下さい。
メインの生地には「VX21」というDimension-Polyant社のハイテク素材が使われ、4層構造で高い防水性、軽量性、堅牢性を誇っています。前述のレベレイトデザインに比べれば薄いです。でもそれはレベレイトデザインがかなり厚めの素材を使用しているのであって、一般的なバイクパッキングであればこの生地でも充分以上の強度を持っていると言えるでしょう。防水レベルは小雨程度なら問題ないというレベルで、過信は禁物です。

grins_frame_bag_8
また、内部は内容物が視認しやすいように黄色の生地が使われています。それから、バッテリーコードやウォーター・ホースを通すための穴も備わっており機能性も確かなものになっています。

grins_frame_bag_11 grins_frame_bag_4

長さ×高さ×幅: 43×12×6cm(ロードSサイズ)
容量:3L
重量:132g(実測)

fairweather フレームバッグ
¥7,760(税込)

grins_frame_bag_15
お洒落なフレームバッグが欲しいならこちらが一押しかも。シンプルでカラーも複数ラインアップ。ブラック・オリーブ・ブラウンの計3色あるので、車体の色に合わせて選んでください。
grins_frame_bag_3
デザインだけでなく、使い勝手にもこだわっています。グローブを装着したままでも開閉しやすいように、ドローコード付き。まあ、これはどのフレームバッグもそうですけど。

grins_frame_bag_1
アピデュラ同様ケーブルホールがあるので、外付けバッテリーからライトやサイコンに給電したり、ウォーターホースを通すなど色んな使い方ができそう。
土砂降りはさすがに心配ですけど、防水フィルムがラミネートされてますし、撥水加工済みなのでちょっとやそっとの雨ぐらい平気です。他のと比べて値段がお手頃なのもグッド。画像のALLCITYのNatureBoy(トップチューブ長53cm)にぴったりフィット。

grins_frame_bag_12

長さ×高さ×幅: 47×12×8cm(ワンサイズのみ)
容量:3.5L
重量:166g(実測)

まとめ

grins_frame_bag_2

  • タフでできるだけボトルケージに干渉しないフレームバッグが欲しい→レベレイトデザイン
  • 軽量なものが欲しい→アピデュラ
  • お手頃でおしゃれなフレームバッグがほしい→フェアウェザー

ざっくり分けるとこんな感じですが、機能性・防水性能はどれも必要充分な水準にあるので、どれを買っても失敗はないと思います。一番肝心なのはフレームとのサイズ感になるので、事前にサイズをできるだけ確認して購入してくださいね。当店だと車体を持ってきたいただければ現物合わせできますので、気になる方はぜひお持ち下さい。


Copyright © GRINS. All Rights Reserved.

GRINSをフォローする。