grins-logo

商品紹介

Lezyneがサイコンをリリース。ハイコスパでGPSサイコン最筆頭になるかも。

2016年11月11日 投稿者:いね

/

個人的には遂に来たかという感じ。アメリカのパーツメーカー、ブラックバーンも同様にサイコン(日本では未展開)をリリースしてますし、ライトで競合しているキャットアイもそうですね。なので、来たるべくして来たそんな風に捉えています。それよりも創業10年でここまで商品力をつけたことに驚きの目を向けたい気もします。

予定では12月中旬〜下旬に入荷。全部で5機種ありますが全てのモデルにおいてGPS、bluetooth内蔵。つまり、センサーレスでも速度とれますし、スマホとペアリングして着信通知や走行ログのやりとりが可能で、どのモデルも方向性は一緒です。モデル間の違いはというと、GPS  or GPS/glonassか、ANT+と気圧計の有無、それから画面の大きさです。
先に言っておきますが、モデル名がややこしいです。少し前のレザインのライトを知っている人なら、なぜその形容詞にこだわるのか・・・うっ、、ず、頭痛が・・・となるやもしれません。ともかく製品自体は素晴らしいモノもなっているので、詳しく見ていきましょう!それから最後に比較表ものせておきます。忙しいひとはそちらをどうぞ。
※紹介画像は英語ですが、国内モデルは全て日本語表示
※表示価格は本体価格です。各種センサーは別売。
※価格は税抜き

SUPER GPS 
¥16,800
76g

th_lezyne_cp_zoom_5
GPS/Glonassを内蔵したオールインワンのサイクルコンピューター。単体でも速度を算出できますが、BluetoothやANT対応センサーを併用すれば、心拍・ケイデンス・速度をリアルタイムに確認することが可能。気圧計搭載で正確な標高を測定することもできます。
また、加速度センサーにより、GPSの「揺らぎ」を抑えています。これにより正確な測位及びバッテリーの節約が可能に。
ブルートゥースを介せばスマホとの接続もシームレス。専用アプリを使えば、走行ログの管理もできますし、STRAVAとの同期も可能。

ディスプレイはタッチ式ではなく、操作はボタン(サイドに4つ)で行うタイプ。スピーディな操作と確かなクリック感が欲しい人にはおすすめと言えるでしょう。

MICRO C GPS
¥18,000
29g

th_lezyne_cp_zoom_4
SUPER GPSの機能はそのままに、コンパクトにまとめたモデル。重量はなんと29g。バッテリーも14時間駆動と頑張っています。もちろんブルートゥース、ANT+搭載。更にカラーディスプレイを採用しているので表示内容が識別しやくすくなっています。
機能が充実しているわりに、軽量なので少しでも軽いサイコンをお探しの方には是非とも検討してほしいモデル。

MICRO GPS
¥14,800
29g

th_lezyne_cp_zoom_3
これは前掲のMICRO C GPSのモノクロモデル。機能はほぼ同じで、カラーモデルよりも値段が抑えられているので色は必要ない!と割り切れる方にはおすすめです。重量は29g。このコンパクトさがひと目でわかる画像。
c64bbb87-e280-4dea-afb8-d258274c752c

MACRO GPS
¥12,000
74g

th_lezyne_cp_zoom_2
こちらは気圧計・加速度計とANT+を省きコストダウンしたモデル。GPSは内蔵されていますし、基本的な機能は揃っているので大抵の人はこれで充分ではないでしょうか。サイズはSUPER GPSと同じくらい。

MINI GPS
¥12,000
29g

th_lezyne_cp_zoom_1
超コンパクトで軽量なサイコン。レザインの中では一番お求めやすい価格になっていますが、それでも考えられないほどの多くの機能を搭載。この機種に限ったことではないですが、スマホと連動させれば着信やメールの通知も受け取ることが出来ますよ。

以上5種類になりますが、それぞれで多少の違いはあるもののGPS、ブルートゥース対応で非常にコストパフォーマンスの高いラインアップになっています。

また、STRAVAとの連携もシームレスに行えます。今後リリースされる「GPS Ally」アプリ(iOS/Andoroid)を使えば、スマホから直接アップロードすることもできるようです。まだ完全に日本語されておりませんが、lezyneの走行ログ管理サイト「GPS root」を使えば走行データの管理や解析ができます。またそこからStravaに同期することできます。
Stravaのライブセグメント(リアルタイムにセグメントのKOMや任意のタイムと競争できる機能)も使用することが可能、ただしstrava側でプレミアム会員になる必要あり。
それからどのモデルもMicro USBケーブルで充電します。PCとの接続も同様。バックライトも完備。

オプション

現在はスピード・ケイデンスセンサー(2in1)、ハンドルマウント(ガーミンと同タイプ)、心拍センサーが用意されています。なお、本体には以下のXロックマウントが付属しています。
lezyne_cp_xlock

5種類もあるので、選び方が難しいところですが以下のポイントに絞れば目星をつけれるはず。万人向けなのはSUPER GPSかな。

■カラー or モノクロ!
カラー→MICRO C
モノクロ→それ以外

■GPS精度
GPS/Glonass→SUPER・MICRO C
GPS→それ以外
※GPS/Glonassは測位時間や測位精度で有利。

■画面の大きさ・重量
大画面・長時間駆動→SUPER・MACRO
コンパクト・軽量→MICRO / MICRO C・MINI

■ANT+対応
対応→SUPER・MICRO / MICRO C
非対応→MINI・MACRO

■勾配表示(気圧センサー)
対応→SUPER・MICRO / MICRO C
非対応→MINI・MACRO

機能比較表

 SUPER GPSMICRO C GPSMICRO GPSMACRO GPSMINI GPS
lezyne_cp_5lezyne_cp_4lezyne_cp_3lezyne_cp_1lezyne_cp_2
価格16,800円18,000円14,800円12,000円12,000円
寸法42.9×
67.8×
27.5mm
33.7×
47.9×
22.5mm
33.7×
47.9×
23mm
42.9×
67.8×
27.5mm
33.7×
47.9×
16.2mm
重量76g29g29g74g29g
バッ
テリー
900mAh
24時間
290mAh
14時間
900mAh
14時間
290mAh
22時間
290mAh
10時間
GPS
チップ
GPS/
Glonass
GPS/
Glonass
GPS/
Glonass
GPSGPS
気圧計
加速度
Blue
tooth
4.1
電動
ドライブ
対応

さいごに

日本でサイコンと言えば高価格・高機能はGarmin、低価格帯はキャットアイさんという具合に棲み分けができてます。で、今回のLezyneのサイコンは、値段的にも価格的にキャットアイのSTEALTHシリーズと競合しそう。スペックだけで比較すると、Bluetooth内蔵している分lezyneの方がちょっとお得な感じがしますね。さあ、あとは実際使ってみてからですね!12月中旬頃リリース予定、楽しみです。

余談ですが、モデル名・・
SUPER GPS Pro
SUPER GPS
MINI GPS Pro
MINI GPS Pro C
MINI GPS
で良かったんじゃないでしょうかね(しつこい)。MicroもMacroもMiniも全部Mから始まるし、スペル似ているし、ネイティブなら単語毎のニュアンスで判断容易かも知れないですけど、こっちは高校英語レベルなんですからね。ぷんすかぷんすか。


Copyright © GRINS. All Rights Reserved.

GRINSをフォローする。