grins-logo

商品紹介

バーテープで後悔したくないなら、スパカズかリザードスキン。

2017年06月3日 投稿者:いね

高級バーテープって実際どうなのよ、消耗品に4000円って正気の沙汰じゃない!とお考えの方に一度は使ってほしい。イメージ変わりますよ。

一般的なバーテープの価格帯は2000円前後ですが、4000円前後のものを高級バーテープとよんでます、わたしの勝手な認識ですけど。消耗品にそんなお金をかけるなんてただ見栄なんじゃない?とかお前は何の高みを目指しているんだ?とか色々見方はあるかもしれません。
消耗品といっても走りに直結するタイヤには見境なく投資するかたはけっこう多いですんけど、バーテープも操舵性、乗り心地、雨の日とかは安全性にもかかわってくるの部分なのでお金をかけてもいいポイントだと思うんです。今回はそんな高級バーテープの2大巨頭をごしょうかい。

1. LIZARD SKIN DSPバーテープ

DSC_2334
名実ともにナンバーワンのSクラスバーテープ。高級バーテープの初めての方には真っ先におすすめしたいです。
一番に挙げられるのが他を圧倒するグリップ力。よくレビューページなどではしっとり、もっちりなどど形容されてて、ここはぐるナビかと錯覚するのですが、実際さわってみるとその表現がしっくりくるんですね。

DSC_2303
購入を迷っている方にサンプルを握っていていただくと、大体の方は未知の生命体に出会ったかのような驚きの表情をみせ、何度かムニムニし、買って帰られます。効きすぎってくらい手にビタッとすいつくもんですから私も初めて触った時はえらいバーテープが出てきたなあ、と強烈なインパクトがあったのを覚えています。DSP(デュラソフトポリマー)という独自素材だそうで、グリップ力に関しては他社の追随を許さないレベル。

雨や汗で手が濡れた状況でのグリップ力ももちろん期待以上の性能を発揮してくれます。わたしは手汗が多い方ですが、素手でも安心して委ねられるくらいのグリップ力はあります。

thumb_1806_2000x1250_0_0_auto_
https://www.lizardskins.com/

このリザードスキンはメジャーリーガーの選手からも熱い支持を集めているそうで、雨の日でも安定したスイングが求められるプロの現場でも使用されているという実績。数字の正確は不明ですがメジャーリーガーの20%が使用していると紹介しているページも。ともかく、折り紙つきのバーテープということです。

クッション性は以下の3つから選べます。

  • 1.8mm
  • 2.5mm
  • 3.2mm

と3つの厚みがラインアップされています。 数字からクッション性がいまいちイメージできない方はベーシックな2.5mm を選ばれるのがオススメ。ハンドル荷重が多めの方やロング向きは3.5mm。ラーメンもバーテープも固めが好みの私は1.80mmです。 化粧テープも同素材のもの使っているあたり、ぬかりなし。

  • 1.8mm:¥4.212(税込)
  • 2.5mm:¥4.212(税込)
  • 3.2mm:¥4.644(税込)

2. SUPACAZ クッシュバーテープ

DSC_2305
UCIのプロツアーでも愛用者が多く、あのペーター・サガンも好んで使用しているこちらのバーテープ。ポイントは独自の3レイヤー構造によりグリップ力、クッション性、固定力(ほどけにくさ)を高いレベルで実現しているということ。

DSC_2077
第一層(手に触れる面)は最近のバーテープによく採用されることが多いPU。ただのポリウレタンではなく、スーパースティッキーポリウレタン。強力なグリップ力で濡れた状況下でも、きっちりホールドしてくれます。すごい安心感。また、前回の製品アップデートにより表面にエンポス加工が施され、きもちリップ力が向上しています。。
第三層はナノシム接着テープ。ハンドルとビタッと密着し巻きほつれを防いでくれます。
そしてこれらにサンドイッチされるのが中間層のEVAフォーム。これがクッション担当なのですが、そんなに厚みあるわけでないのにけっこう振動吸収してくれます。

DSC_2076
さらに他のバーテープと比較したときに強みとなるのがエンドキャップ。ボルト式です。一般的なのはプッシュタイプでプラハンなどでねじ込むのですがこれが結構外れるのですね。走行中の落とし物ナンバーワン。 ボルト式は外れたりすることはありませんし、取付も簡単でいいことづくめ。
でもこの手のエンドキャップは単体で買ってもそこそこ値段するものでそれが付属するなんて(  ゚ ▽ ゚ ;)!!。ちょっとお得な気分に浸れます。

supacazカラーの豊富さも魅力。単色はもちろん、ダブルからトリプルまで。さらに幾何学的模様が施されていたりギャラクシー的なものまで。種類がありすぎて目移りし必須。攻めた色使いも多くて個性キレッキレなマシンを目指している方におすすめ。

DSC_2074
ちなみに原色・ネオンブームが絶賛到来中のわたくしはピンク・パープル・ブルーのトリプルを使用中。一昔前のスキーウェアみたいで可愛いいんです。
巻く時の注意点です。テンションもかけやすく、巻きやすいのですがマルチカラーの場合、接合部分(カラーの境目)に強いテンションをかけてしまうと裂けてしまうので、そこだけはご注意を。私も一回やってしまいました。

SUPACAZ クッシュバーテープ:各色¥3.888(税込)

さいごに

6月に入り、梅雨入りももうすぐです。グリップ性能が高いモノにかえて少しでも不安材料を取り除いておきましょう! また、バーテープを変えると握り心地やグリップ力など機能面での変化の他に、モチベーションにもいい刺激を与えくれます。最近モチベ下がり気味↓って方は新しいバーテープで気持ちを泡立たせみてはいかがでしょうか?


Copyright © GRINS. All Rights Reserved.

GRINSをフォローする。