grins-logo

商品紹介

ツーリングに登山にキャンプにも。マルチに使えるfairweatherのサコッシュはいかが?

2016年07月6日 投稿者:いね

instagramではさらっと紹介しましたけど、ブログではがっぷり四つで紹介させていただきますよ。バイクパッキングや輪行で八面六臂の活躍してくれること間違いなしfairweather(フェアウェザー)のパッカブルサコッシュが新しくラインアップに加わりました。
カラーはカモフラ、ネイビー、キャメル、グレー、バーガンディ、ホワイトの6色。注意していただきたいのが、カモフラとそれ以外のカラーで生地材質が異なるという点。価格・サイズは同じですが、それぞれで引裂強度や折畳みサイズ、防水性能に違いありますのでご注意を。

DSC_0252DSC_0250
まずはカモフラタイプ紹介していきましょう。大きさはこのくらい。縦45cm、横46cmの正方形サイズで13インチのノートパソコンがまるまる吸い込まれるくらいのビッグサイズとなっています。生地は強い引裂強度が特徴のコーデュラナイロン500D。実際触ってみてもちょっとやそっとじゃ裂けねえZURA、というくらいの強い安心感があります。

DSC_0270
そしてこっちがベーシックカラータイプ。素材は軽量なインビスタ社のシリコンコートコーデュラリップ。実際触ってみるとシルクナイロンみたいな質感で、かなり薄いことが分かります。これで防水というのだから時代は進化したものですね。ちなみに縫い目は裏側からシームシール加工されているので、防水性能に関してはかなり信頼できます。

IMG_22858

メーカーページにこんな画像が上がっていました。まるでバケツw驚嘆です。ただ、強度に関してはカモフラ柄と比べると若干頼りなく、あまり手荒な使い方はしないほうが良さげ。もしカモフラ柄とそれ以外のカラーで迷っている方は以下のような使い分けをするのがいいかもしれません。

  • カモフラ柄→重量級のアイテムや鋭利なもの、角で生地が裂けてしまう様なギアなど
  • 他のカラー→重量が軽めのもの、旅先での買出し食料や衣類などの濡らしたくないものなど

上は完全にツーリングを想定しての使い分けですが、普段使いでも重いもの、角張った物を入れる人→カモフラ。重いものを入れない、または防水性能や折り畳みサイズを重視したいという方はベーシックカラー。という感じで選ぶといいと思いますよ。

このサコッシュの強みは付属ポーチにコンパクトに収納できるという点。ポーチは本体と同じカラーにfairweatherのロゴ。

DSC_0275実際に折り畳むとこんか感じです。下がカモフラ柄(大きさ:葉書くらい)で、上がグレー(大きさ:クレジットカードくらい)。カモフラ柄の方が厚い生地なので、若干大きめとなっています。収納ポーチの出番が無いときはときは小物入れとして使ってあげてもいいかもですね。

fairweather_drysack
サコッシュとはいううもののショルダーストラップの長さ調整機能が備わっているので、自分のスイートスポットに調整してあげれば、装着感は結構いいんです。

開け口はロールアップタイプ。収納物の大きさに応じてロールできるので、最小公約数的な使い方もできます。なのでバイクパッキングや登山などでギアを収納する大サイズのスタッフサックとして使ってあげると面白いかも。特にベーシックカラータイプは防水性能が高いので絶対に濡らしたくない寝袋とか衣類とかの収納に向いています。ロールアップすれば嵩張らないですしね。他にも様々な使い方ができそうな便利アイテム、パッカブルサコッシュ。
この夏、ツーリングのプランを建てられている方に是非とも使って欲しいオススメアイテムです。

fairweather_drysack2
それからこんなアイテムを同時発売されました。こちらは正真正銘のスタッフサックですね。サコッシュ同様にカモフラと別カラーで素材が異なっています。バイクパッキングだけじゃなく、登山やトレランアイテムとしても使える汎用性が魅力です。中身が透けて見えるので、どこになにを収納したか一目瞭然。またカラーも豊富なので、色ごとに小分けしてパッキンすれば、あなたも収納上手!うまく使って快適な旅を楽しんじゃいましょう!


Copyright © GRINS. All Rights Reserved.

GRINSをフォローする。